更年期に起こる頭痛や吐き気の原因は?

女性も40代後半になると身体的、精神的な不調を訴える人が増えてきます。
代表的な症状にホットフラッシュがありますが、それ以外に頭痛や吐き気、倦怠感、耳鳴りなどの不調が次々に現れ日常生活に支障が出る場合もあります。
この症状は、女性ホルモンであるエストロゲンが原因となっています。
40代後半になると女性ホルモンであるエストロゲンが減少していきます。
その影響で自律神経が乱れ、頭痛やめまい、吐き気などが引き起こされます。

 

エストロゲンは、20代くらいがピークともいわれ、それを過ぎると徐々に減少していきますが、40代後半になると一気に減少してしまいます。
身体はその変化についていけず、体調不調を起こします。
更年期というのは誰にでも起こりますが、その症状の個人差は激しく、症状が全く現れない人もいるようです。
更年期障害が辛い場合は、専門の医療機関に相談しましょう。

 

 

更年期で頭痛や眠気がひどい時の対処法は?

女性の更年期は、頭痛や眠気の症状が出る人も多いです。
個人差もありますが、天気の影響で自律神経のバランスが崩れ、症状が悪化することもあります。
これは、閉経と関係があり、特に40歳を過ぎる頃から女性ホルモンが減少していくため、頭痛や眠気の症状が強く表れることもあります。
症状がひどい時は、産婦人科を受診して、漢方やホルモン治療を取り入れることも大切です。
また、女性ホルモンの働きに有効なイソフラボンを摂ることも大切です。

 

イソフラボンは、大豆や、豆乳、納豆に多く含まれます。
更年期の症状がひどいときは、サプリメントを利用することも良いでしょう。
自分の症状に合わせて緩和できるように、上手に付き合っていくことが大切です。

 

眠気や、頭痛がひどい時は、横になってゆっくり休むように心がけましょう。
頭のツボをマッサージしたり、首の後ろのツボを押すと、症状が和らぎます。
頭をマッサージして、肩こりをほぐすことで、眠気もスッキリし、頭痛も改善されます。
頭痛や眠気には、身体をほぐすために、ストレッチをしたり、首や、頭のツボを刺激してリラックスしましょう。

 

 

更年期障害で起こる頭痛の対処法は?

更年期障害で良く見られる症状に頭痛がありますが、対処法はいくつか考えられます。

 

更年期障害は、閉経が近くなった女性に起こる症状で、頭痛やイライラ、のぼせや冷え、鬱状態など人によって症状の重さや種類は様々です。

 

原因は、急激に減少する女性ホルモンにあり、女性ホルモンを補充することで症状が無くなることがあります。
これは婦人科や産婦人科で行われる対処法で、ホルモン補充療法と呼ばれています。
持病があるなどの原因で、ホルモン補充療法が使えない場合は、対処法として症状のみを鎮痛薬で抑える方法があります。
あくまで対症療法ですが、頭痛のひどい時にだけ服用することで、快適に過ごすことが出来ますし、更年期障害自体が収束すれば自然と症状はなくなりますので、それまでの間薬で対処する方法も有効です。
その他、更年期の症状を漢方薬で抑える方法もあります。
漢方薬は患者の体格や体調、体力などを考慮して選ばれ、更年期の治療でも良く使われています。

 

血の巡りを良くして症状を改善させますので、冷えやのぼせ、頭痛や倦怠感などの症状が改善される症例が多数あります。
症状が気になる方は、婦人科に相談してみましょう。

 

 

頭痛を和らげるにはどんな食べ物を摂るといい?

40代から50代の女性によくある頭痛は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因で起こることが多いです。
更年期に起こる頭痛には二つのタイプがあります。
緊張型頭痛は、頭が締め付けられる様な痛みがあり、肩こりや目の疲れによる血行不良やストレスが原因です。
血管が収縮しているので、緊張をほぐすためにお風呂で首まで温めたり、ストレッチや目を休ませることでも効果が期待できます。

 

偏頭痛は、視界にギラギラした光が見えるのが特徴で、頭の片方だけがズキズキと痛みます。
めまいや吐き気を伴うこともあります。
偏頭痛は、脳の血管が拡張するために神経を圧迫して起こるもので、血行を良くすることは症状を悪化させます。
痛みがあるときの入浴はお湯の温度を上げすぎないように気を付けます。

 

ポリフェノールの多い食べ物は血管を拡張させるらしいです。
赤ワインはチーズと一緒に摂ると症状を誘発するため、注意が必要です。
更年期に良い食べ物としてはビタミンB1・ビタミン12・ビタミンCが多く含まれるもので豚肉・レバー・あさり・牡蠣・レモン・いちご・ほうれん草・ブロッコリーです。
これらの食べ物は自立神経の働きを維持し、ストレスに対抗して体を守ることが期待できます。
更年期にはバランス良くきちんと食べることと生活のリズムを整えることも重要です。

 

 

更年期症状とツボ

40代後半になると、原因不明の頭痛に悩まされる女性が多くなります。
また、体調不良や、吐き気、めまい、イライラを感じる女性も多いでしょう。
特に、疲れやストレスが多くなると、自律神経の働きが乱れて、頭痛や吐き気が悪化する人も多いです。
ツボを押すことで、症状をやわらげる効果が期待できます。
ひどい時は、マッサージをしたり、ツボを押して、痛みを和らげるようにしましょう。

 

頭痛がひどい時は、天柱というツボが効果的です。
首の後ろ、付け根の部分の左右を刺激します。
首を支えている部分なので、肩こりや首コリからくる更年期の頭痛に効果が期待でき、押していると楽になります。
疲れた時や、頭が痛い時は、定期的に押すことで症状が楽になることが期待できます。
吐き気や、めまい、頭痛は、更年期の症状に多く出る症状なので、対処法を知っておくことで、痛みが出た時に役に立ちます。
百会というツボも、押すと効果が期待できます。

 

頭のてっぺんで、柔らかくなっている部分なので、わかりやすいです。
両耳から頭のてっぺんに伸ばしたところにあります。
数秒に1回押すことで、頭がすっきりして痛みが和らくことも。
更年期の時期は、さまざまな体調不良がおこるので、対処法を覚えておくと安心です。

 

 

更年期と言えば

更年期と言えば、頭痛もそうですし、様々な体調不良が出てきてしまったりします。
また、肌に関して言うと、イボで困った状態になる人もいますね。
そして、さらには、汗やその臭いなどにも十分注意する必要があります。
もしご興味があるなら、1つサイトを紹介しますので、参考までに見てみることをおすすめします。
臭いを解決するには?

 

こちらのサイトです。